なるざについて
スタッフルーム

最新号はトップページに掲載しています。

 

節分行事担当の職員さんが豆まきならぬ、甘納豆や小袋の菓子を豆に見立て 鬼に向かって投げ、年の数とは言えませんが、おやつで食べて頂こうと計画を 立ててくれました。
私も小学校の頃の体験で、先生が豆まきならぬ「アメまき」で私達を喜ばせて下さった 記憶がよみがえり、利用者様の喜ぶ顔が目に浮かび、ワクワクしながらスタンバイ!

「鬼は外、福は内」の掛け声で投げてくれると思ったが、現実は… 利用者様は「食べ物を投げるなどもったいない。」「罰当たりな」と育った生活歴。 鬼退治がなかなかできず説明して理解して頂こうと頑張るものの…

世代が違うとはいえ、食べ物に関する敬意・感謝など 勉強させてもらった1日となりました。

(とものいえ 杉本)

あわら温泉春まつりに人形山車の篠笛をして毎年参加させて いただいています。

去年、一昨年とご時世中止となってしまい、今年こそはと思っていましたが 雲行きが怪しくなってきました…。いつか無事になんの心配もなく お祭りが楽しめる時が来ますように。

今は出来る限り練習を頑張ります。

(なるざの森 山田)

あけましておめでとうございます。

去年の3月頃、うちに来てくれた子猫が順調に成長してくれています。いつもマイペースに過ごしている猫の姿を見習い、私も何事も気張りすぎずマイペースに頑張っていこうと思います。

今年もよろしくお願いいたします。

(あわら複合 白崎)

▲ このページの先頭へ